雨音のする画廊

今日の絵葉書:水のおもて



墨の香りが好きだ。

学校の書道の時間はそんなに好きではなかったが、
「墨を磨って心を静める」というのは、こども心にもなんとなく分かる気がした。


割と最近まで、あの香りは墨の成分に由来するのかと思っていたが、
香料なのだそうだ。
なんにしろ「静かな香り」とでも言いたいような、確かに気持ちの落ち着く匂いである。




img025_201407150153498cf.jpg





…水彩絵具でなく、
磨った墨を何か小さい容器に詰めてスケッチに行くのも、いいかもしれない。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/07/15(火) 01:00:24|

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

先日、帰りが遅くなり急いで歩いていたら、
「あたらしい餅」
と書かれたのぼりが立っていた。

そりゃ古いよりはいいだろうけどさ、
…とよく見ると、
「みたらし小餅」だった。

こんな調子でいろいろ誤解してないか心配である。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (65)
絵 (65)
京都 (27)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR