FC2ブログ

雨音のする画廊

百万遍で、Le Marche



忙しかった11月ももうすぐ終わり。
今月の最終の納品もそろそろ片付きそうで、ちょっと一息ついています。


ここ数年、12月になってようやく見頃になっていた京都の紅葉、今年はすこし早いようです。
私の住む辺りだと、近くの嵐山を目指す車の列が凄いことになっています、平日でも。



食べ物でいま旬というと、まず白菜ですね。
炊いてくたくたになったのが美味しいのは言うまでもないが、
みずみずしいところをそのままいただくのもいい。

生でたべるの?というかたもいらっしゃると思うが、
おすすめは、白菜とりんごのサラダ。
これも旬を迎えたりんごを、よく洗って皮のまま薄切りにし、
白菜と合わせて、カリカリに炒めたちりめんじゃこをトッピング。

シャキシャキした食感が楽しく、
生野菜にありがちなクセもなく、たくさん食べられますよ(´∀`)
外側の固いとこは煮込んでとろとろにしちゃってくださいな♪



…って、手抜きレシピを載せている場合ではないのだった。今月のある休日の話を書いておこう。




東山、京都大学の正門のはす向かいに、アンスティテュ・フランセ関西という施設がある。

筆者の若いころ…百万遍の古本市や、東一条の小さな映画館(今はない)に行ってたような頃は、
たしか「関西日仏学館」といったはずである。


そういうややこしいカタカナの名前に替わった、というのは知ってはいたが、行く機会はなかったところに、
「日曜に開かれるマルシェで演奏します」というお知らせをいただいた。


所用があったので、外で軽く昼食を済ませてからバスに乗り、百万遍へ。
学園祭シーズンとあって、京大正門まわりには、力の入った、しかしあやしげな看板(笑)がたくさん立っている。

空は秋晴れ、銀杏の黄葉が美しい。


…東大路通にはそんなに人通りがなかったのに、
アンスティテュ・フランセの入り口から中を覗くと、建物の前のスペースは相当にぎわっていた。




P_20171112_143045_LL (2)




そんなに広くはないが、それぞれ工夫を凝らしたお店が密集していて見ごたえがある。

ドライフルーツ、蜂蜜、パン、ワインや温かい飲み物、
いろいろな手工芸品…

ヨーロッパの伝統的なクラフト「クイリング」の、素敵なお店の前で、
このイベントのお知らせをくださったギタリスト筒井さんにばったりお会いした。




P_20171112_142202_LL.jpg
▲筒井さんと、ヴァイオリニストREIKOさんのデュオ



…タブレットしか持ってなかったので写真がアレでわかりにくいけど、
このお二方をご存じのかたなら、
もう見た目からしてこういうお洒落なシチュエーションにうってつけであることはお分かりになるだろう。

演奏の素敵なことは改めて言うまでもない。
フレンチな曲の合間に、このお二人ならではのスパニッシュな曲も挟んだりしてある。


観客のみなさんもゆったりと良いマナーで楽しんでいて、
全体的に、なんというか「ゆるい、けど上質なイベント」という感じが漂うのであった。

ワインを飲んでいるひとはいても、酔っ払って声高に邪魔をするようなひとはいないのだ。




演奏が終わるころには少し日が翳り、やや肌寒くなっていた。

演奏者のお二人と、筒井氏の生徒さん、そして私の四人でテーブルを囲み、
スパイス入りのホットワインやホットチョコレートなど、
ホットと名のつくあらゆるもの(笑)を啜ってしばらくくつろいだ。



ふと見上げると、初見ではないはずのこの建物はなかなかに魅力的だった。



P_20171112_142209_LL.jpg
▲さっきから左下が暗くなってるのは、タブレットのカバーがレンズに被っているためです、すみません





簡素であろうとしながら伝統的な曲線のデザインも捨てきれない、という具合の折衷的なモダニズム。
こういうのもいいなあ、いいですよね(強要)。

あとで調べてみると竣工は1936年、国の登録有形文化財であった。
近年、外壁を残す形でリニューアルされたらしい。

耐震の問題とかいろいろあるだろうけれど、
そこをクリアしてこういう建築が生かされていくのはすばらしいことだと思う。





夕方になりかなり寒くなっても、急にお客がはけてしまうわけではなく、
あちこちで談笑の輪が広がっている。




本場のマルシェに行ったことはないけれど、
小さくして京都に持って帰ったら、こんな感じなのではないかと(笑)



…そんな想像も楽しい、じつに素敵な大人のイベントでした。







関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/11/28(火) 22:28:57|
  2. 京都

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

夜間によく吠えてうるさかった近所の犬が、
しばらく屋内にしまわれていたのだが、
最近、外の犬小屋に戻ってきた。

彼は、このひと夏で何か学習したのだろうか。


しばらく観察します。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
絵 (67)
京都 (27)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR