FC2ブログ

雨音のする画廊

ただ、街を歩く



秋が深まってきましたね。


今かなり忙しいのだけれど、
美味しい食材がいろいろ目を引く季節のせいか、
夕食が相当遅くなっても、インスタント食品で済ませたいとは思えない。
いや、買っておくとほんとにダメなときに便利なんですけどね、気持ちが満足しないというか。

そうは言ってもやっぱり疲れてるし時間もない、
そこで超手抜き料理である。ヽ(´∀`)ノイエイ



今晩のメニューは、
カルシウム重視のサラダ(わかめ、かいわれ大根、煎り黒ごま。ごま油と塩昆布で味付け)
バジルポテト(じゃが芋や人参を適当に切ってレンチン、ハーブソルトを振って、バジルペーストをつけて)
ワイン(赤)、
豆乳と余り野菜のスープ(なんでもいいが今日はキャベツの外側の固いとこの千切り。オリーブオイルをたらして黒胡椒をきつめに振る)



…うん、質素。

わかってるけど、こういうシンプルな味が落ち着くし、なんだか満足感があるんです。
ワインの入ったコップ片手に、十数分でできちゃいます。(キッチンドリンカー…!?)



※「ごま油+塩昆布」は、野菜が何であろうとよく合うし手軽なのでおすすめです。塩昆布は細切り推奨。

※スープの残りをあたためて、早ゆでタイプ(←ここ重要)のショートパスタを入れると、
冷え込んだ朝のごはんに最高ですよ~(*´v`)






筆者の好みが基本的に質素であるらしいのは食べ物に限らない。



気分転換の仕方にしてもそんな感じだ。
(なんにしろ、派手でくどいのは疲れるのである)





こないだの日曜は久し振りの好天。

少し体調を崩していたけれど、午後からはましになってきたので、コートをはおってバスに乗った。
日中暖かくても油断がならないのである。



五条烏丸で下車。バスはここで右折し、京都駅に向かう。

ぶらぶら、東へ歩く。

ふと、お馴染みのGallery Main(ギャラリーメイン、写真専門。五条麩屋町上ル)に立ち寄るが、
今日は展示がないらしく、何か準備している気配ではあるもののひっそりとしていた。
フライヤーのみチェックする。



河原町通へ出て、いつもお世話になっている画材店、画箋堂さんへ。
探し物のではない別のコーナーで思わぬ発見、
やっぱりお店に直に来ないといけないなあと思った。



この頃は日暮れがじつに早い。
碁盤の目をジグザグ縫いに歩き、四条へ出て東急ハンズへ。
ここでも少し買い物、いやでも目立つ手帳コーナーになにか追い立てられるような気持ちになる。




交差点を渡り、四条烏丸のLAQUE(ラクエ)へ。
数年前、烏丸の急速なお洒落化が進んだ頃にお目見えしたファッションビルである。

とうぜん筆者などは寄り付きがたい雰囲気なのであるが、ちょっと覗いておくことにした。

…あれ?
たしか、雑貨のお店F.O.B.COOPがあったはずなのに、無くなってる?!


帰ってからネットで調べて、閉店の知らせに愕然とする。

その昔、京都では北山にしかなかったこの雑貨のセレクトショップが、四条河原町の藤井大丸にできて、
筆者もしょっちゅう覗いていたものだった。
(北山がお洒落エリアだったころの一翼を担っていたのではないだろうか)


今では定番になった「カフェのコップ」、デュラレックスのピカルディを紹介したのがこのお店なのらしい。
そう書けば、F.O.B.COOPが「その頃」に醸し出していた、気取らないお洒落感がお分かりいただけるかと思う。



仕方がないのでほかのお店を急ぎ足で見て、すぐに出た。
美味しいコーヒーが飲みたい。



四条烏丸にいるんだから、地下に降りるか、北東に少し歩くかすればイノダコーヒの「アラビアの真珠」の一杯にありつけるのだが、今日はちょっと違う気分である。





DSCN2174_20171110003405e6a.jpg



前田珈琲のブレンド、「龍之介」。
ほんとに美味しい珈琲だと、食べ物を頼まなくても満足してしまう。
(とはいえフードも充実していた)


さっきの地点からほんの少し北西へ。
ここは、廃校になった明倫小学校の校舎を活用して運営されている京都芸術センター内のカフェ(前田珈琲・明倫店)である。



京都芸術センターについてはまた改めて書ければと思うのだが、

芸術とか抜きでも、
美味しい珈琲のためにだけでも行く価値はじゅうぶんあります。




DSCN2176.jpg
▲しかし行けばコーヒーだけでは済まないはず。レトロ小学校建築のディテールを観察しましょう






特に散財したわけでもなく、ストレスを思い切り発散したわけでもなく…

街をただ、歩く。




それだけでかなりの気分転換になってしまう筆者は、
安上がりに出来ているのを喜ぶべきか、悲しむべきか。


「インスタ映え」など無縁の淡々とした休日、
特に良くはないかもしれないが決して悪くはないだろう、と思っている。






…そう言えば、
こういうどうでもいいブログ記事を書くのもなかなかの気分転換なのだった。

お読みいただいてる皆さま、
なんかすみません、
ありがとうございます。





ではまた。

















関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/11/10(金) 23:06:36|
  2. 京都

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

よく乗るバスが某女子大を通るので、
そこの学生のファッションを観るのが面白い。

夏の終わりからファーの帽子を被っているかと思うと、
秋が深まっても素足に短いソックスを履いている。

ああ、
外気温に左右されないのが若さというものだ。
…としみじみ思う傍観者です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
絵 (68)
京都 (29)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR