FC2ブログ

雨音のする画廊

雨の夜、Live at ANSONIA CAFE



最近ちょっといろいろあって、いわゆるスランプの気味で、
絵を描いたり新しいデザインを起こしたりという気力のない日が続いている。
体調も思わしくありません。


普段だって、すぐに疲れるしだるいし、
けど「描ける」というのはそれだけのエネルギーがあるってことなんですね。


何とかしなきゃいかんとは思いつつ、
そういう時はもう休めばいいや、ということにした。




先月はライブにも全く行かなかったのだが、
今月に入ってすぐ、気になっていた場所で、お馴染みの方々の演奏があったので行ってきた。



同じ京都とはいえ、普段伏見方面に行くことはまずない。
河原町で阪急を降りて、京阪に乗り換えようと四条大橋を渡るあたりで雨が降り出した。

初めて伏見稲荷駅で降りる。
柱が赤く塗ってあって、なんというか稲荷感が凄い
子どものころから、すっきりとした阪急の駅を見慣れたものにはちょっとした驚きである。

(↑おけいはんに怒られるであろう発言)


駅を出てもまだ小雨は降り続いていたが、
目指すカフェはすぐそこだったので気にならなかった。



DSCN2110.jpg
▲カフェ内部。あれ、この感じどこかで…




DSCN2104.jpg
▲そしてこの扉周りは…



…そう、お馴染みの高槻JKCafeによく似てるんです。


それもそのはず、ここANSONIA CAFEは、
大好きなJKCafeのようなお店を!というコンセプトのもと設計された空間なのだ。


そのことを以前JKCafeのマスターN氏にお聞きして、がぜん見てみたくなった。
しかもこの日のライブのメンバーは、ギタリスト鷲尾さんと愉快な仲間たち(笑)。
もう言うことはありませんね。




気さくなマスターにアイスコーヒーをお願いして、
カウンターに付いている金属のバーに腕をのせたその感じは、やっぱり本家と変わらなかった。




DSCN2102.jpg
▲左から、渡部さん(b)、山中さん(as)、鷲尾さん(gt)


(お三方とも、名前が「お」で終わるので、
この日「レツおー三匹」というバンド名がつきましたことをお知らせしておきますw)



アルトサックスの山中さんはずいぶんお久しぶりだったのだが、
この日も流麗なプレイと、そしてわりと長いMCは健在(笑)

「話が長い」とご自分でもおっしゃってたが、
ジャズの知識が豊富すぎて、つい溢れてきてしまうという感じなのだった。



この日はヴォーカルのかたが三人も(美人ばっかり!)お客としていらしていて、
そのうちお二人が一曲ずつ歌ってくださるという豪華版ライブとなった。

それにしても、ヴォーカルのかたって、華やかな雰囲気があるからすぐわかりますね(*´v`)


やはり高槻でこのカフェのことを聞かれたフォトグラファー吉村氏もいらして、
休憩時間も大変賑やかだった。




DSCN2123.jpg






馴染みのない街に、馴染みのお店にそっくりのカフェがあって、知ってるひとが集まっていた。



…小雨模様の、なんだか不思議な夜の話でした。








関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/11(火) 00:11:18|
  2. 音楽

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

よく乗るバスが某女子大を通るので、
そこの学生のファッションを観るのが面白い。

夏の終わりからファーの帽子を被っているかと思うと、
秋が深まっても素足に短いソックスを履いている。

ああ、
外気温に左右されないのが若さというものだ。
…としみじみ思う傍観者です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
絵 (68)
京都 (29)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR