FC2ブログ

雨音のする画廊

塩でお召し上がりください



どこを切っても役にたたない当ブログをお読みくださっている皆さま、
今年もよろしくお願い致します。





いやあ、それにしてもよく積もりましたね、雪。


お昼にちょっと出ようとしたら、外階段が完全に埋もれていた(゚д゚)


前のうちは階段が半分内側になってたので、こんな経験は初めて。
それで、大家さんと一緒に雪掻きをした。

雪の少ない京都市内(※)、大家さんのお宅にだって雪掻き専用の道具はない。

ほうき、竹箒、スコップにくわ(!)、いろんな物を持ち出していただいてやってみたのだが、
結局いちばん使いやすいわ、となったのがプラスチックのちり取りだった。
なるほど、雪国で使われているのはこれを大きくしたようなやつですよね。


非力の筆者が果たして役に立ったのかどうかはよくわからないが、
終わったらすっかり身体があたたまっていた(笑)




※京都市左京区には、積雪はんぱなき山間部が含まれます。







さて、
「塩」についてである。

今や普通の家庭でも、複数の塩を使い分けるのは珍しいことではなくなった。
丸い味の岩塩、香りの良いハーブソルト、レモン風味で減塩できる特殊な塩。

「塩スイーツ」なんてのもブームになりましたね。



最近は「塩顔」など、
あっさりさっぱりとした雰囲気を表現することばとして、「塩」が多用されているらしい。



無理に寄せていこうとしているわけではないのだが、
いわゆる「盛った」甘口のイラストが描けない、デザインができない私は、
もう「塩系」ということでいいのではないか、と思うようになった。




思うに、
描きたいと思うような動植物や人間はみな、すでにそれだけでかっこいいのだ。

私みたいなものが下手なデフォルメを加える必要はない、という気がいつでもするのである。





DSCN1931.jpg







「塩だけでお召し上がりください」と言われるような高級な外食をする機会はあまりないが(笑)、
素材を選ぶ、切り取る眼を鍛えて、
味付けのほうはなるべくあっさりと仕上げてゆく所存であります。






DSCN1943.jpg















関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/15(日) 19:59:41|

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

よく乗るバスが某女子大を通るので、
そこの学生のファッションを観るのが面白い。

夏の終わりからファーの帽子を被っているかと思うと、
秋が深まっても素足に短いソックスを履いている。

ああ、
外気温に左右されないのが若さというものだ。
…としみじみ思う傍観者です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
絵 (68)
京都 (29)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR