FC2ブログ

雨音のする画廊

「あるものでなんとかする」



ずいぶんご無沙汰しておりました。

引越しのどさくさに取り紛れてひと月以上…ブログを書くという習慣がすっかり無くなるところでした。
もっとも、このままやめたところで誰が困るというわけでもないのだが…



引越しというのは誰しもご存じのようにずいぶん出費のかさむもので、
それに加えて、「無駄な持ち物」の多さにずいぶんと辟易させられるものでもある。

「これ、前の引越し以来一回も使ってないんじゃ…」ってやつですね。


そんなわけで、やや落ち着いてきた今でも、
「いらんもんほかすモード」がすぐに作動する毎日である。


当然、買い物にもシビアになる。

「これはほんまに要るんか」
「単に欲しいだけなんとちがうか」
「あるもんでいけるんとちゃうか」

(標準語に変換しないままいってますことご了承ください)




以前、ネットの海のどこかで見かけた言葉が忘れられないのだ。

「センスのいい人は、あるものでなんとかするのではないか」


…センスのいい人。

自分はそうだなんて決して思えないが、
職業的に、センスを培わなくてはいけないのは確かだ。


…あるもので。

なにか買おうとするたびに、
そしてなにか捨てようとするたびに、この言葉がこだまする。



捨てるのもいいが、捨てなくてもいいものを買うほうがいい。
いつかは捨てなくてはならないが、できるだけ楽しめるほうがいい。


じぶんの節約やゴミ減らしのためだけではなく、
なにかものづくり、デザイン全般に関わってくることでもあるような気がして、
このこだまの残響は、仕事中にもはっきり感じ取れるのだ。


いいものをつくろう、
そんな意欲の沸いてくる11月です。




TS3G0293 (1)
▲職場近くの公園で、昼ごはんを食べるひとをハンティングする猫







関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/04(水) 00:50:48|
  2. 未分類

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

よく乗るバスが某女子大を通るので、
そこの学生のファッションを観るのが面白い。

夏の終わりからファーの帽子を被っているかと思うと、
秋が深まっても素足に短いソックスを履いている。

ああ、
外気温に左右されないのが若さというものだ。
…としみじみ思う傍観者です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
絵 (68)
京都 (29)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR