雨音のする画廊

秘密基地



先日書いたとおり引越しが迫っていて、とにかく落ち着かない日々です。




訳あって、
本宅とは別に、便利な場所に小さな部屋を借りることになった。
荷物置き、兼アトリエである。机や画材はここに運ぶ。


度々足を運んで作業していると、
なんだかこどもの憧れる秘密基地をつくっているかのような気分になってきた。
…何かとお金がかかる、というのが、こどもの夢には出てこない現実である(汗)


何年も住んでいた今のうちはどちらにしろ明け渡すのだから、バタバタするのは当たり前だが、
引越し先が2箇所に分かれると決まって労力は倍になった。
今いるところから近いのが、まだしも救い。




DSCN1707.jpg
▲秘密基地のカーテンは(どういうわけか)緑色に決定



「引越しハイ」というのがあると思う。

全方位に緊張しつつ、何をしていてもどこかうわの空…
という、なかなか普段は経験しない心持ちだ。


ああ、もっと引越し上手になりたい。
引越しが嫌いなくせに、同じところにずっといると思うと嫌になる、というややこしい性分に生まれ付いてしまった。


…そろそろ仕事も忙しいシーズンに突入するので、
うだうだ言ってないでとにかくやります。
なんとかします。









関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/11(金) 22:23:20|
  2. 未分類

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

先日、帰りが遅くなり急いで歩いていたら、
「あたらしい餅」
と書かれたのぼりが立っていた。

そりゃ古いよりはいいだろうけどさ、
…とよく見ると、
「みたらし小餅」だった。

こんな調子でいろいろ誤解してないか心配である。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (65)
絵 (65)
京都 (27)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR