FC2ブログ

雨音のする画廊

ラブラドレッセンス



梅雨も明けて、いよいよ夏本番。

暑いと、できるだけめんどくさいものは省こうとして、
「お洒落」あるいは、そう見せたい、というような雑念はどっかへ行ってしまいます。
そんなのは心身に余裕があるときにやることと…


でも、
「涼しげ」に装うことができれば、
(たとえ偽装にすぎないとしても)
それは周りのひとにとっても良いことだと思う。

たとえば夏の和装。
紗や絽(ろ)、いかにも涼しげな透け感のある生地で、
(黒の絽なんていうのはじつに粋なものです)
日傘をさして歩く姿はとても素敵だ。


実際涼しいのかというと、やっぱり和服を着慣れていなければ暑くて面倒くさいに違いないのだが…

見た目の涼しさ、視覚効果の影響はけっこう大きい気がする、
本人にとっても周りにとっても。



私には夏の和装などとても無理なのだが、
なんとなく涼しげで気に入っているものがいくつかある。

ひとつはこれ。



RSCN1620.jpg




ラブラドライトという石の小さなペンダント。

この石はとても不思議な光り方をする。

ぱっと見は、なんだか地味な灰色で、点々が入っていて、
なんというかこんにゃくにそっくり(笑)

けれどある角度から光を受けると、画像のように、薄青いオーロラのような輝きを見せるのである。

この特有の光は「ラブラドレッセンス」と呼ばれるらしい。


私が持っているこれはとても小さいし、高価なものでもなく、着けていても目立たないけれど、
この不思議な青が胸元に光っていると思うと、

なんとなく涼しげな気持ちになるのだ。





こういう「涼しげなモノ」については、また続けてお話したいと思います。
みなさまのそういうお気に入りについても、よろしければお教えください。



ではおやすみなさい。






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/23(木) 22:22:40|
  2. 未分類

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

夜間によく吠えてうるさかった近所の犬が、
しばらく屋内にしまわれていたのだが、
最近、外の犬小屋に戻ってきた。

彼は、このひと夏で何か学習したのだろうか。


しばらく観察します。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
絵 (67)
京都 (27)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR