FC2ブログ

雨音のする画廊

今日の絵葉書:残照Ⅱ



この暑さに体調を崩すひとが私の周りで続出ですが、
皆さまお元気でしょうか。

私はというと、暑さそのものよりも、
じわじわ近づいてくる台風を早くから身体で感知してしまい、今週はしょっちゅう喘息に見舞われています。
やれやれ…




昨日、
仕事仲間のひとりがやはり体調不良で早退したけれど、大事な物を忘れていったので、
私が届けることにした。

そのひとは、職場からの方角は同じだが私よりもっと近くに住んでいて、しんどいので自転車を置いて帰っていた。
私はその自転車に乗って、途中のコンビニで適当に食べられそうなものを買い、
当人に届け物と差し入れと、自転車の鍵を渡して、
あとは歩いてみることにした。


空は、かなり暮れていたがまだ明かりが残っている。

いつも自転車やバスで通る道を歩くと、なんだか新鮮だなあ、と思いつつ、
思ったよりさくさく進んで橋にかかった。

かなり長い橋で、
私の近所では空が一番広く大きく見える地点でもある。


川の匂いがする風に、汗ばんだ髪が吹き分けられていい気持ちだ。

空を見上げると、
暗い山際に、今まさに最後の明かりが消えようとしている。




img059_20150715232503f40.jpg






こんなときの空の青は、
暮れの光の黄色味が若干混じりあうからか、
絵具の色名で言うと「マリンブルー」というような微妙な紺色になっているのだ。
(※愛用しているホルベイン透明水彩の場合)


橋を渡り終えて通り沿いにあるスーパーに入り、
買い物を済ませて出てくると、わずかな光は消えてすっかり暗い夜空になっていた。


普段なら歩こうと思わない道を、あえて歩いてみるのも良いものです。


それでは、
いよいよやってくるらしい台風に警戒しつつ、
また次回。





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/15(水) 23:22:28|

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

夜間によく吠えてうるさかった近所の犬が、
しばらく屋内にしまわれていたのだが、
最近、外の犬小屋に戻ってきた。

彼は、このひと夏で何か学習したのだろうか。


しばらく観察します。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
絵 (67)
京都 (27)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR