FC2ブログ

雨音のする画廊

今日の絵葉書:落葉の便り



ずいぶん更新をさぼってしまいました。

晩秋は、一年でもっとも美しい季節。
…だと私は思っているのだが、
仕事が忙しい時期に入り、毎年なにか堪能し損ねたという感じとともに過ぎてしまう季節でもある。


ところで、気温が下がってくると、俄然おなかがすきますよね。

毎晩、野菜は必ず食べたいので、サラダより量が摂れる温野菜をしょっちゅう作るのだが、
ごはんでなくお酒に合わせるときは、オリーブオイルをかけていただきます。
ん~いい香り…♪


この「オリーブオイルがけ」、
もうすっかり日本人の食卓に浸透したように思うのだが(なんせ私の実家でもやっている)、
私が中学生くらいの頃はそうではなかったはずだ。

まんが「美味しんぼ」がまだ面白かったころで、
古本屋で仕入れてきた単行本を家中で回し読みしていた(笑)。

ずいぶん古い回だと思うが、やたら印象に残っている話があって、
(しかしうろ覚え。間違っていたらすみません)

ギリシャから招いたオペラ歌手が、不調におちいり歌えなくなる。
いろいろもてなして励まそうとするが、彼女は受け付けない。
そこで山岡さん、街中でギリシャ人が経営する酒場に行き、あるものを手に入れる。

それは彼女の故郷、ミコノス島産の鮮烈な香りのオリーブオイル。
野菜サラダや焼き魚にたっぷりかけてすすめると、
みるみるオペラ歌手は元気を取り戻し、素晴らしい歌声を披露する…。



そのころ、オリーブオイルをそういうふうに使うというのには全然馴染みがなく、
これはどういう味なのだろうかと不思議に思った記憶があ…
いや、あんまりないのだが、この話を妙に覚えているというのはそういうことなのだろう。

普通に、ヴァージンオリーブオイルを食材にかけて食べるようになった今でも、
漫画のなかで「日本人にはやや香りがキツすぎる」という風に描かれていたミコノス島産とはどんなのだろう。
…と、ときどき思い出すのだ。



いつか手に入ったら、
やっぱりあの漫画みたいに、かけ過ぎなくらいにたっぷり注いで試してみよう、と思ってます。



今日の絵葉書は、落葉。




img042.jpg




これは何枚か印刷もしたのだが、
切手を貼ってお届けできないかたには、画面上で、季節のご挨拶を。

風邪をひかないよう、気をつけてお過ごしくださいね。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/25(火) 01:03:21|

プロフィール

猫足

Author:猫足
京都生まれ、本業は工芸デザイン。
なのに趣味も絵。われながら不健康だと思います。


〔筆者近況〕

よく乗るバスが某女子大を通るので、
そこの学生のファッションを観るのが面白い。

夏の終わりからファーの帽子を被っているかと思うと、
秋が深まっても素足に短いソックスを履いている。

ああ、
外気温に左右されないのが若さというものだ。
…としみじみ思う傍観者です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (70)
絵 (68)
京都 (29)
音楽 (30)
本 (5)
服装 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR